携帯電話やスマートフォンのメーカーには、もともと新聞(紙媒体)に罰を与えるつもりなどなかった。キヤノンやニコン(のようなカメラメーカー)を苦しめようというつもりもなかった。彼らが携帯端末を作ったのは、JVC(ビクター)やパイオニアを苦しめるためでもなく、音楽や写真、印刷関連の業界で活動していた多くのメーカーを潰すためでもなかった。彼ら携帯端末メーカーは、ただただ、「もっと良い携帯電話機が作りたかった」だけなのだ。

テキストのコピーはできません。
更新情報知らせます うん いらね