世界には約5億5000万の小規模農家が存在し、そこで生計を立てている人は20億人を超す。そのうちの40%は、1日当たりの所得が米ドル換算で2ドルにも満たない。

 こうした小規模農家は、多くの人が貧しくて栄養状態もよくないが、低・中所得国では人口の50%以上の食料を生産している。また、2050年には世界の人口が100億人に近づくと予測され、これだけの数の人に食料を供給するためには食糧生産を現在の1.5倍に増やさなくてはならない。

Enable Notifications    OK No thanks