投稿ランダム表示

過去の投稿記事をアクセスの度にランダムに10本表示します。

男は「ゴムつけて」と言われたらナマでしたくなるが、「ゴムつけなくていいよ☆」と言われたらなんか怖くなってつけてしまう生き物である。

animal, animal love, animals, bear, bears, cubs – inspiring picture on Favim.com on we heart it / visual bookmark #10914057

ネットフリックスの自由と責任の文化を端的に表すのが、以下の「シンプルルール」である。

・支出のルールは、“Use good judgement(自分の良識に従え)”のみ。
・旅費などの経費精算のルールは単語5つから成る、“Act in Netflix’s best interest(ネットフリックスにとってベストになるように)”一つだけ。
・休暇のポリシーは、“Take vacation (休暇をとれ)”
・固定給とストックの比率は毎年自由に決められる。
・ストックオプションの行使に制限期間はなし。

今年3月、坂本は『家庭画報』のインタビューで《「『戦メリ』が一番よかったで終わりかよ」っていう、自分の中でそういう気持ちがある》と話している。しかし、4か月後の『新潮』の連載では、《「坂本龍一=『戦メリ』」のフレームを打ち破ることを終生の目標にしたくはない。そのゴールに向かって、残された時間を使うのはアホらしい》と綴った。

 代表曲にまでなった『戦メリ』だが、メロディーはわずか30秒程度で思いついたという。それゆえに、坂本は1分でも命が延びれば新たな曲が生まれるという考えを持っている。

「お通し」は一品主体の関東でできた風習、「突き出し」は懐石料理の一部として京都で誕生した

私は80~100名ほどの人たちから出席の返事を受け取り、盛会になると確信していた。

 そして当日がやってきた。開始時刻を10分過ぎた時点で、聴衆はたったの3人。そう、信号のライトの数と同じだ。自分の身も3インチに縮むような思いだった。

・大きな錯覚資産を手に入れたいなら、「一貫して偏ったストーリー」を語らなければならない。バランスの取れた正しい主張などに、人は魅力を感じない。それでは、人は動かせない。

昨夜、久しぶりに宮迫と電話で話をした。すっきりした感じだった。だから、あの会見はうそ泣きだったんじゃないかな

村から村へ行くのには、車一台分の細道を通らないといけないんだが
走ってる最中ちょうど対向車が来た。
通る為には、どっちかがバックして少し太い道があるとこまで下がらないと駄目だ。
面倒臭い…下がるとどこまで下がればいいかわかんないから下がる気はない。
向こうも同じ気持ちみたいだ。
絶対どいてやらんと意地になって、これみよがしに新聞を広げ、読み出した。
すると対向車、車から降りて来て窓を叩く窓を空け、なんだ?と聞くとこう言った
「その新聞、読み終わったら次わしに貸してくれ。」
諦めてバックした

・持ち家は固定資産税に補修費、経年劣化などがあり、かつ自由に移り住むこともできなくなり、かつこれまた払い終わったときは土地分の価値しか残されていません。しかも、そのときの地価によっては、元手すら取り返せないこともあります。

テキストのコピーはできません。
更新情報知らせます うん いらね